2015年02月26日

アビガン臨床試験、一部でエボラ死亡率半減も

トリーバーチ アクセサリーフランス国立保健医学研究所は24日、富士フイルムホールディングスの経口薬「アビガン」(一般名ファビピラビル)を、エボラ出血熱の患者に投与した臨床試験で、「血中のウイルス量の少ない患者で死亡率を半減させた」との中間結果を発表した。

 フランス大統領府が今月4日、「期待の持てる効果があ トリーバーチ シューズた」と発表したが、詳しいデータが明らかになったのは初めて。

 臨床試験は昨年12月から西アフリカ・ギニアで行われ、アビガンを患者80人に投与。血中ウイルス量が比較的少ない患者では死亡率が30%から15%に半減した。しかしウイルス量が多い患者は、薬を投与しても死亡率が93%に上り、効果が見られなかったという。 国際そのほか速
posted by MLB裏マックス at 12:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北の核「20年までに100発」も…米研究所

びっくり画像【ワシントン=白川義和】米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究所(SAIS)の北朝鮮問題研究グループは24日、北朝鮮の核開発能力について、「2020年までに最多で100発の核爆弾を持つ可能性がある」とする分析結果を明らかにした。

 同グループは、北朝鮮の現在の保有数は10〜16発で、 仰天画像6〜8発がプルトニウム型、4〜8発がウラン型と推計している。濃縮ウランの生産施設が1か所か、2か所かは不明だが、核施設の性能向上や稼働が最大限に達した場合、20年までの保有数は「100発」となり、戦術核兵器としての配備も可能になると分析した。中程度の進展の場合は「50発」、最小限の進展では「20発」と推計した。 国際そのほか速
posted by MLB裏マックス at 12:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

避難で人口減った市町村、特例で交付税減額せず

クレジットカード比較東日本大震災で被災し、他の自治体への避難者が多い沿岸自治体の地方交付税算定について、高市総務相は24日、閣議後の記者会見で特例措置を取る方針を明らかにした。

 岩手、宮城両県の18市町村が、今年の国勢調査の人口を基準に地方交付税を算定して減額することがないよう、国に特例措置 クレジットカードランキングを求めていた。

 高市氏は「現在の人口を基準に交付税を算定すると、行政サービスをしっかりと確保できない所ができる」と述べた。その上で、三宅島噴火(2000年)で村民が避難した東京都三宅村の交付税算定を、1995年の国勢調査結果を基に行った例などを踏まえ、来年1月までに方向性を出す考えを示した。 国際そのほか速
posted by MLB裏マックス at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
>